東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

感度の高い目黒駅前を生活圏にクリエイティブな感性溢れる住まいを楽しむ。

感度の高い目黒駅前を生活圏にクリエイティブな感性溢れる住まいを楽しむ。

このページはブリリアクラブ会員へお送りしている会報誌「Brillia」から原稿を抜粋し掲載しております。

写真:今回お話を伺ったKさん

T様

美大を卒業後、アメリカでミュージシャンとして活動し、現在は大手ゲーム会社に勤務。1LDKの空間をご自身の好きで埋め尽くした、クリエイターらしさに満ちたご自宅にお邪魔しました。

写真:お住まいの物件

Brillia Towers 目黒

JR山手線「目黒」駅前のランドマークとしてそびえる2棟の超高層マンション<Brillia Towers 目黒>。この1室が、今回ご登場いただいたT様のご自宅です。

新居選びのポイントは

室内に入ると、ダークな色調の室内に本がぎっしり詰まった壁一面の書棚、音楽機材、アンティーク家具、フィギュア……。まさに遊び心いっぱいの男の城でした。「これでも引っ越しのときにだいぶ処分したんですが(笑)」とT様。実は品川・高輪周辺に生まれ育ったT様にとって目黒は、「子どものころから友達と自転車で遊びに来ていた」という場所。これまでも何度か、マンションを購入しようかと考えた時期はあったそうですが、今回慣れ親しんだ目黒駅前にマンションができると聞いてモデルルームを訪問。そこで目にした完成模型やコンセプトに「理想の暮らし方が叶いそう」と直感し、購入を決意しました。現在は好きなものに囲まれた空間で、「音楽を作っているか、映画を見ているか、寝ているか。チェアとソファとベッドのどこかにいますね」とT様。友人を招いてパーティを開くことも多いそうで、「4〜5人で押し寄せてくると、まるで部室みたいになっちゃう」と笑います。共用部にあるジムも週1回以上利用し、ちょっとお腹がすいたら駅前のカフェに行くなど、目黒駅前のマンションライフを満喫しているT様。今後は観葉植物を飾るなど、「もっと居心地のよい空間にしていきたい」と話し、感性を生かした空間づくりはさらに進化を続けていきそうです。

お気に入りのポイント

ゆったりくつろげる大型のソファは、趣味の映画鑑賞にもぴったり。音響にもこだわりました。

コミックやフィギュアに加え、黒のジャケットがずらりと並び、まさに「好き」を集めたベッドルーム。

家具調の建具が落ち着いた雰囲気の洗面室。バスルームのミストサウナはかなり愛用しているそう。

重厚感あるキッチンには、ディスポーザーをはじめ、高機能な設備仕様が整っています。

床に大理石を張り詰めた高級感あるトイレには、手洗いカウンターも標準装備されています。

トイレに置いた書棚の上には、コレクションのはさみがずらり。

お気に入りPOINT① 『シャンデリア』

アンティークショップを経営していたご実家の倉庫から見つけてきたというシャンデリア。「1920年代もので設置は大変でしたが、一番気に入っています」

お気に入りPOINT② 『バルコニー』

目黒駅周辺が一望でき、「夜はアルコタワーがキレイに見えます」とT様。ここで夜景を眺めながら、ビールを飲んだり、寛いだりすることもあるそうです。

お気に入りPOINT③ 『音楽』

ミュージシャンとしての顔も持つT様。現在も音楽を作ったり、仲間と演奏したり、忙しい中でも音楽を楽しむ時間を大切にされています。

このページの先頭へ戻る