LISTEN ホームへ

文字サイズの可変文字を小さくする文字を中くらいにする文字を大きくする
あなたと考える、その先の「いい住まい」
ホームへLISTENとは?
 
LISTENコミュニティ LISTENコミュニティ 完成!LISTENのカタチ Maker's Interview

ホーム > LISTENコミュニティ > No.23 住まいに馴染む可動式の本棚が、本と人との幸せな関係を育む。

No.23 住まいに馴染む可動式の本棚が、本と人との幸せな関係を育む。

2014.6.4 up

より良い暮らしを求めて、これまで様々な角度で追究を続けてきたLISTEN。今回はマンションに暮らす人に役立つヒントを探しに、書店「BOOK APART」を訪ねました。
「BOOK APART」は、世界的に高く評価されている建築家ユニット「SANAA」の妹島和世が手掛けた集合住宅の居室を利用した書店。
店長の三田修平さんは、これまで複数の書店勤務を経て、今は「BOOK APART」と移動式書店「BOOK TRUCK」を運営しています。
住まいのなかで人と本とが幸せに共存するヒントについて、三田さんにお話を伺いました。

「BOOK APART」が入る集合住宅は、東急東横線大倉山駅のほど近くにありました。外観はコンクリート打ちっぱなしでありながら、有機物のようなカーブを描いているのでどこか温かみのある印象です。旬のバラやシロツメクサが咲き誇る共有スペースの砂利道を進むと、「BOOK APART」の看板が目に留まります。玄関を入り、小さなスペースに置かれた本棚に片目をやりながら階段を登り、居室部分へと足を進めてみます。

暮らしに寄り添うように本が並ぶ

2階はベッドルームと書斎スペース。3階は、リビングとダイニング、そしてキッチン。そのどの部屋も、書棚が壁を覆っています。「書斎スペースには小説や学べる本、ベッドルームには絵本を。リビングルームには写真集やビジュアルブック。キッチンにはレシピや料理関係のエッセイ。ベランダの近くには建築・ガーデニング系の本を……。その部屋で過ごすときのことをイメージして、シーンに合わせてセレクトしています。でも本って、この場所で何を読むというのはあまり決まっていないものですよね。キッチンで小説を読むこともあれば、リビングでアウトドアのガイドブックを読むこともあるでしょう。だからあまりコンセプトにこだわり過ぎずに、生活に本が馴染むように並べています。棚も可動式で、自由にレイアウトできるようにしているんです」と三田さんが教えてくれました。

部屋の個性を生かせる手作りの本棚

「BOOK APART」の本棚は三田さんの手作り。曲線的な壁に合わせて、可動式の本棚を手作りしたそうです。材料は、部屋の天井高に合わせた木の板を2本、本を置く天板になる板、それらを繋ぐ金具と、アジャスター付きの専用器具。部屋のスペースを有効に使うためには、細かい採寸がキーとなるよう。天板の奥行きは、そこに置く本の奥行きを想定して設定されています。文庫本や絵本など、置く本が決まっている場合はそれに合わせて、また、本の入れ替えを想定してある程度ゆとりを持たせるのもひとつの考え方です。アジャスターで天井と固定することで安定させ、緩めれば簡単に場所を移動することができます。ひとつひとつの横幅のピッチを変えることで、簡単に自分の住まいにあった本棚を作ることができるのです。

「BOOK TRUCK」 可動式の本棚が広げる限られたスペースの可能性

「BOOK TRUCK」で使用している本棚も三田さんの手作りで、箱形の棚を組み合わせることで、空間の広さや形状を生かした本のスペースを生み出しています。

空間の工夫で、人と本との出会いをスムーズに

「毎週散歩のついでに寄ってくれるおじいさんや、定期的に絵本を買いに来てくれる親子連れなど、街の暮らしにこの書店が馴染んでいることがうれしいですね。本と人とが気持ちよく出会う機会をたくさん作りたいと思っているので、一度来ただけで満足してしまうお店にはならないようにしたいと思っています」本は私たちに様々な経験をさせてくれるもの。違う国で起きた物語の世界へと引き込まれることがあり、学校では教えてくれなかった教養との出会いもあり、食べたことのないような美味しい食事の作り方も知ることができ、ベランダを美しいガーデンにするヒントの種を拾うこともできる。本を生活にうまく取り入れることができれば、私たちの暮らしは常にフレッシュに、さらに色鮮やかに輝いていくのではないでしょうか。
人と本のスムーズな出会いについて考えてきた三田さんが発見した、心地好い共存のかたち。自分の暮らしにも取り入れられるヒントが見つけられたでしょうか。
ご意見をお待ちしております。(ご意見の募集受付は終了いたしました)

【三田さんプロフィール】
三田修平
みた・しゅうへい/「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」の店長など、書店員としての経験を積み、2012年に移動本屋「BOOK TRUCK」を立ち上げる。馬喰町の飲食店「イズマイ」では、ブックセレクトを担当。



これまでのコラム・アンケート

コラム:「家族4人の暮らしが育む、グリーンと住まいの良い関係。」
コラム:「より良い暮らしを深める、日本の手しごとを巡る旅。高岡(後編)」
コラム:「より良い暮らしを深める、日本の手しごとを巡る旅。高岡(前編)」
コラム:「光の変わる暮らし」
コラム:「理想のキッチンのある暮らし#2」

Brilliaの関連サイト

Brillia 新築分譲マンション
東京建物が贈る洗練と安心のマンション「Brillia」の最新情報をご案内しているサイトです。



Brillia  Owner's CLUB
毎日のくらしに役立つおトクな情報、より快適な住まいを維持するためのアフターケア・サポートなどをご紹介するサイトです。

ページTOP

Brillia(ブリリア)の住まい ホーム|LISTENコミュニティ|完成!LISTENのカタチMaker's Interviewブリリア 評判

FAQ・よくあるご質問Brillia 会員登録会員規約・個人情報のお取扱に関してBrillia Owners's Clubお問合わせサイトマップ

Copyright(c)Tokyo Tatemono Co.,Ltd All Rights Reserved. 東京建物 Brillia
 
Get FlashPlayer