LISTEN ホームへ

文字サイズの可変文字を小さくする文字を中くらいにする文字を大きくする
あなたと考える、その先の「いい住まい」
ホームへLISTENとは?
 
LISTENコミュニティ LISTENコミュニティ 完成!LISTENのカタチ Maker's Interview

ホーム > LISTENコニュニティ > Project5:No.1 「+1」の暮らし〜みんなで使えるスタディルームを考える〜

Project5:No.1 「+1」の暮らし〜みんなで使えるスタディルームを考える〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディルーム

今年は昨年と同様にワークライフバランスについて、マンションの共用部を充実させることで暮らしの豊かさを手にいられないかを考えていきます。そして、マンション全体で共有する空間を
「+1(プラスワン)」と呼ぶ事にしました。
今回の「+1(プラスワン)」はスタディルームです。


最近は多くの企業が残業を減らすよう取り組んでいます。
せっかく空いた時間、家に早く帰る事ができるのであれば、その時間をつかって新たな勉強をしたり、会社の業務時間にはできない知識を身につけたりしたくなる人も多いでしょう。また会社の仕事以外にも土曜や日曜に地域のボランティア活動やNPOの活動などをする人なども増えています。他にも副業でもう一つ別の仕事を持っている人、そもそも独立して家を仕事場にしている人、引退してから少しのんびりとご自身のキャリアを活かして仕事をするなど、現代の仕事の仕方は多様になって来ています。

とはいえ家の中で仕事をするのは、日常の生活との切り分けが大変です。
そのうえスペースにも限りがあります。こんなときに共同で使えるスタディルームがあったら便利だと思います。仕事に集中できますし、気分も一新します。
共同で使えるコピー機やプリンターなど各人で持たなくて済むようなものもあるでしょう。作業をするところだけでなく、ちょっとした打ち合わせのスペースなどもあれば便利でしょう。その他気分転換に本を読んだり、お茶を飲んだりというスペースがあるのもいいかかもしれません。



いま街の中に共同で仕事のスペースをもつシェアーオフィスといったサービスも増えています。もちろん、こうした使う頻度が人に寄って違う共有部分は、使う人が利用料を負担することで成り立つような共益費を増やさない工夫が必要でしょう。
利用料を払ってもどこかにオフィスを借りたりする事を考えたらずっと負担は軽いはずです。
また共同でスペースを共有する事で、意外に近くに知りたい情報をもっている専門家や仕事の接点が生まれる可能性もあるでしょう。


充実した暮らしを実現させるためにも、仕事の仕方を考えることは大切です。仕事は人生に生き甲斐をつくり、生活にはりをつくっていくためにも大事な要素になるでしょう。


みなさんの仕事の仕方はどのようなものでしょうか。今回の「+1」、共同で使えるスタディルームの提案、こうしたスペースをもつことで、仕事の仕方が変わってくるかもしれません。 共同でのスタディルームについてみなさんのご意見をお待ちしています。(ご意見の受付は終了いたしました。)

皆様のご意見をご紹介

■ 千葉県 女性 50〜54歳
マンションの規模も立地条件によっては、さまざまだと思いますが、スタディルームが設けられるということは、素晴らしいことだと思います。 昨今、少子化、共働きという社会事情の中、安心、安全を求められるのは、『食』だけではなく、毎日の生活全てではないかな、と思います。スタディルームに留まらず、保育施設、学習塾、趣味のサークル的なことをやれる場所があるといいと思います。そして、そこに活動したい方がマンションの住民の方であれば尚、素晴らしいことではないかと思います。つながりを持つ生活に慣れないのが、最近の世代かもしれませんが、何かが起きてから、『絆』が大切だ、と思うのであれば、今から築いていくべきかなと思います。
ご投稿
■ 東京都 男性 40〜44歳
今回も楽しく拝読させていただきました。自分は今までマンション購入検討に際し、プラスワンの部分は殆ど必要ない派だったのですが、今回のスタディルームの記事を読んで素直に良いと思いました。これからも楽しみにしております。
ご投稿
■ 神奈川県 女性 25〜29歳
こういうスタイルがあるとは初めて知りました。会社に拘束されて働くより、気分よく、効率よくできそうな気がして、とてもいいと思います。
ご投稿
■ 神奈川県 男性 45〜49歳
スタディルーム大賛成です。仕事に限らず集中して作業できる場所があると助かります。希望をいうと、椅子や机は大事なポイントですね。また空調も気をつかう必要があります。注意する点は、「マナー」でしょう。飲み物や食べ物、スカイプ利用、利用時間(時間帯)などなど、利用者が気持ちよく快適に利用するマナー作りが必要です。 マンション購入後、子供が大きくなり部屋数がない世帯は教養スペース(スタディルームなど)があるとありがたい。
ご投稿

今までのコラムの内容は

▼Project5:【 「+1」の暮らし】
No.1 コラム:「みんなで使えるスタディルームを考える」 
No.2 コラム:「ブックカフェについて」 
No.3 コラム:「毎日の家事について」 
No.4 コラム:「マンション内のリサイクルとリユースについて」 
No.5 アンケート:「マンションの共有施設とサービスについて」 
No.6 コラム:「ハウスウォーミングイベントをしよう」  
No.7 コラム:「30家族が一緒に食事をする〜コウハウジングという住まい方」 
No.8 コラム:「工房のあるマンション」 
No.9 コラム:「洋服の交換会〜X-changeというイベント」 
No.10 アンケート:「マンション共用施設の運営と管理業務」 
No.11 コラム:「こんな管理人がいたらいいな」 
No.12 コラム:「2012年を振り返って」 

Brilliaの関連サイト

Brillia 新築分譲マンション
東京建物が贈る洗練と安心のマンション「Brillia」の最新情報をご案内しているサイトです。


Brillia  Owner's CLUB
毎日のくらしに役立つおトクな情報、より快適な住まいを維持するためのアフターケア・サポートなどをご紹介するサイトです。

ページTOP

Brillia(ブリリア)の住まい ホーム|LISTENコミュニティ|完成!LISTENのカタチMaker's Interviewブリリア 評判

FAQ・よくあるご質問Brillia 会員登録会員規約・個人情報のお取扱に関してBrillia Owners's Clubお問合わせサイトマップ

Copyright(c)Tokyo Tatemono Co.,Ltd All Rights Reserved. 東京建物 Brillia
 
Get FlashPlayer