• トップページ > プロジェクトノート > Note_028「湘南に暮らすママたちの声を聴く ~湘南&MAMACOフェスタでブース出展~」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

湘南に暮らすママたちの声を聴く ~湘南&MAMACOフェスタでブース出展~

昨年の秋頃、湘南&MAMACOフェスタのイベントに企業協賛しBloomoiブースを出展しました。このイベントは「女性起業支援・子育て支援・地域活性を目的とした地域密着型」のママフェス。フラダンスや和太鼓といったステージパフォーマンスや親子で楽しめるワークショップ・ビューティーブース・飲食ブースなど充実したラインナップで、全体で約5000人が来場しました。Bloomoiブースでは、湘南に暮らすママたちの声を聴こうとアンケートを実施。好きなインテリアやライフスタイルなど多数の声をヒアリングできました。今回はそのアンケート結果を一部ご紹介いたします。

海に近い暮らしと「土間」は相性がいい?

「玄関に荷物を置ける場所が欲しい」 「保活が大変だったので行政情報に敏感に」 ランチの時間を有意義に使ってミーティング お弁当の隣に資料を置いて 「食事はワンプレートで済ませています」

湘南といえば海が近い暮らしをイメージします。今回のアンケートでサーフィンやSUP(Stand Up Paddle)など海でのアクティビティをすると答えた方は全体の6割を超えていました。海までのアプローチは自転車が多く、サーフボードを運べるキャリーなどを使って移動するなど、車の渋滞を避けて気軽に海へ出かける姿がイメージできます。
理想の間取りについては、横長タイプのリビングを希望する方が全体の56%で、玄関に土間がある暮らしを希望した方は58%でした。理由は「屋外で使ったものを収納できる・ベビーカーをそのまま置いておける・スケボーや自転車が置ける・ウエットスーツが干せる・多目的に使える・キャンプ用品を収納できる・収納やディスプレイができそう」など、多様な声が寄せられる中、海に近い暮らしならではの意見も見られました。

共用部には「シャワースペース&サーフボード置き場」は必要?

続いて共用部にほしい機能について声を聴いてみました。シャワースペースがあれば利用すると答えた方は全体の88%と非常に高く「海遊びから帰ってきたときに砂を落としたい」「サーフボードやウエットスーツについた海水を洗い流したい」といったニーズがありました。またサーフボード置き場について、あれば利用すると答えた方は全体の62%で、利用しないと答えた方の理由は「自分の家に置いておきたい・管理面が心配」でした。そのほか海が見えるデッキスペースがあれば利用すると答えた方は全体の92%で「友人とBBQをしたい・花火を観たい・朝ヨガをしたい」と日常にも海を間近に感じる暮らしを求める声が挙げられました。

インテリアキーワードは「海・素材感・カフェ・穏やか」が人気

ブースでは好きなインテリアテイストについての人気投票を行いました。一番人気が高かったのが、塗装やモルタルの質感や木材の素材感が本質的な心地よさを作り出す“Premium Natural”タイプ。手触りや素材そのものの良さを楽しみ、季節感を味わう暮らしがイメージできます。僅差だった次点は、潮風と太陽の光が似合う西海岸の部屋をイメージした“Smoked Brown”タイプ。キーワードは「カフェ・サーフ・穏やか・遊び心・海」で、全体的に自然体でヘルシー・オーガニックなテイストが好まれました。今回集めた声をもとに、Bloomoiではこれまでと違った新しい住まいを提案していく予定です。より自然体で屋外とのつながり、海を間近にする暮らしをBloomoiらしく生み出していきたいと思います。

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.