• トップページ > プロジェクトノート > Note_019「グループインタビュー」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

Note_019 グループインタビュー~学芸大学プロジェクト向け~

今回は、次に計画している学芸大学のプロジェクトに向けて、近いエリアにお住まいの30〜40代の働く女性の方に集まっていただき、ライフスタイルや具体的な住まいのこだわりなどを伺いました。オシャレなカフェで、スイーツを楽しみながら、貴重なご意見をいただき、大変楽しい時間となりました。

見せる派?しまう派?とキッチンのニーズはそれぞれ

クリックで拡大 学芸大学の居心地良いカフェにて開催 Bloomoiメンバーも参加します お子様とご一緒に参加いただきました テーマは、キッチンへのこだわり

これまでブルーモワでは、自分らしさを叶えるためにキッチンのスタイルを選べるという商品を開発してきました。今回は、さらに具体的な使い方や細やかなライフスタイルのお話を聞きました。

  • キッチンに調味料やフライパンなどを出しておくのはイヤ。何もない空間が好き
  • カウンターに何もないと掃除がしやすい。炊飯器や米びつ、ケトルなどもしまい、必要な時だけ出せるようにしている
  • 『飾る派』なので、気に入ったものは出しておきたい
  • キッチンの上の収納は、取り出すのが大変なので、頻繁に使うモノは下の方に仕舞っている
  • 『すべてしまう派』。夫もとても几帳面なので、いつでもさっと拭けるようにスッキリさせている

すべて収納したい人、オシャレなアイテムは出しておきたい人など、使い勝手が優先か、見た目優先かは、人それぞれのようです。ラベルを付けて分かりやすくするなど、収納方法などにもこだわり、機能的で掃除しやすい空間を心がけているという声もありました。
次にデザインについて好みのタイプについて伺ったところ、スタイリッシュなステンレス・キッチンのデザインが好きという方、木目の高級感と優しい印象が良いという方、それぞれ評価が分かれました。
整然とした空間をキープするための収納・機能性、そして、自分らしさを表現できるデザインテイスト。その2つを両立させることが重要であると思いました。

シンプル志向なインテリアを引き立てる収納

クリックで拡大 インテリアのテイストをヒアリング みなさん真剣な表情で"家"を語ります 収納にこだわるポイントもそれぞれ 人それぞれスタイルがあります

学芸大学駅周辺は、アンティーク家具などの店舗が並ぶ目黒通りが近くにあり、インテリア好きな方がたくさん住んでいるようです。お部屋のインテリアスタイルについてこだわっていることを伺いました。

  • グレーやベージュを基調とした落ち着く空間にしている
  • あまり家具は置かず、低めの家具を選びスッキリと広く感じるレイアウトにしている
  • モノはあまり置かずに、濃い目の木目調の家具で落ち着いた空間にしている
  • 雑貨をカフェみたいに飾れるラックが欲しいけれど、手間がかかりそう
  • 働いていたり、子どもがいると時間がなくてインテリアや掃除に手をつける時間がない

飾る収納に憧れることはあっても、頻繁に掃除が必要なため、すっきり収納させておきたいというご意見が多いようです。またリビングの収納については、

  • ちょっとした作業ができるスペースがほしい
  • 夫の趣味のモノなど、一ヶ所に集結して置けるといい
  • 見せる収納はキープするのが難しい。扉があり仕舞える収納のほうが良い
  • 見せたい人もいれば、何でも仕舞って収納したい人もいるので、壁紙を選べるように収納も好きなタイプを選べるといい

という意見が出ました。見せる収納は難しいとの声もありますが、キッチン同様、ライフスタイルによって求めるものがそれぞれ違うようです。


家事をサポートしてくれるサービスを使ってみたい

クリックで拡大 スイーツを楽しみながら和やかに 資料をじっくりと拝見する姿も真剣 間取りについてヒアリング 皆様、ありがとうございました

ブルーモワでは、以前から働く女性にとって嬉しいマンションのソフトサービスを考えてきました。今回は具体的に「家事」にテーマを絞ってインサイトを伺いました。

  • 3月に1度くらいで、定期的にキッチンの掃除を頼んでいる。プロに頼むと全然違う。毎日の掃除が楽になる
  • 掃除も料理も大好きなので必要ないかなと思ったけれど、一度頼むとプロのやり方が分かって勉強になった
  • 家事代行サービスなど、知らない人に部屋に入ってもらうのは少し抵抗がある。マンションを買ったときにプレゼントされたりするとうれしいかも
  • 一人暮らしなので粗大ゴミを出すとき困る。運んでもらえるサービスがあるといいかな

ずっと心地よい住まいであり続けるために、掃除などの家事に対して、決して手を抜くのではなく、丁寧かつ効率的に行っている方が多くいらっしゃいました。またハウスクリーニングや家事代行サービスは、頻繁に利用しなくても、プロの方法を知るいい機会になるというご意見も。サービスをただ利用するだけではなく、習得して自分の家事レベルを上げようという意欲的な姿勢に驚くばかり。
今後は、家事代行サービスをより利用してもらいやすいようブルーモワで何ができるか考えていきたいと思います。

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.