• トップページ > プロジェクトノート > Note_018「家事代行サービス体験レポート」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

Note_018 家事代行サービス体験レポート

働く女性たちにとって、上手に活用できれば暮らしにゆとりが生まれる「家事代行サービス」。実際に利用してみるとどんな感じなのか、知りたいところです。今回はブルーモワのプロジェクトメンバーである渡瀬が実際に自分の家で家事代行サービスを体験してみました。

信頼関係が大切だから、しっかりコミュニケーション

クリックで拡大 まずはカウンセリングからスタート スタッフのベアーズ小笠原さん

これまでのグループインタビューやアンケートでは、家事代行を利用してみたいけれど、知らない人に部屋に入ってもらうことに抵抗があるという意見がありました。今回お願いしたベアーズ※1では、事前にカウンセリングを担当するマネージャーがお客様のご自宅を訪問し、要望を聞いた上で、研修に合格したベアーズスタッフの中から、要望に的確に応える人選をしてくれるそうです(※定期サービスの場合)。
今回は1回ごとのスポットサービスを利用しましたが、事前に電話で要望を聞いてくれるので安心。たとえば「忙しくてお掃除に手がかけられないから、なるべく多くの箇所を広く浅くきれいにしてほしい」という場合。「普段から掃除はできているので、自分では見落としがちな箇所や落ちない汚れをプロの視点できれいにしてほしい」という場合。それぞれ、求める清掃希望箇所も、清掃レベルも、時間配分も異なりますが、画一的ではないサービスを大切にしているそうです。

※1 ベアーズは、家事代行・ハウスクリーニング、育児サポートまで幅広くサポートする会社。1999年に日本で初めで家事代行サービスを始め、現在年間20万件利用されています。

家事のポイントを教えてもらえば、これからの参考にも

クリックで拡大お掃除前のバスルーム 細かな箇所もお掃除してくれます お掃除のコツを伝授 排水溝もキレイに 渡瀬も感激の仕上がりのようです

まずは一番気になっていたバスルームからスタートです。ベアーズ小笠原さんは洗面室にシートを広げました。「バスルームのものをすべて出すことから始めます。シャンプーボトルや石鹸はもちろん、取り外せる棚もここに並べておきます。こうすると効率よくお掃除ができますよ」とコツをさりげなく教えてくださいます。気になっていた排水溝も中まで開けてしっかりきれいになりました。バスルーム内の鏡も水栓もピカピカに。シャンプーボトルなども一つ一つ拭きあげてくれました。「水分が残っていると次の汚れが付きやすくなります。しっかり拭いておくと、清潔さが持続できます」と、色々勉強になります。

次はリビングのお掃除です。「掃除機は必ず手に持って移動します。床や家具にキズを付けないように細心の注意を払います。またフローリングの目に沿って掃除機をかけるのもコツですね」とのこと。家具の移動は必ず両手で持つこと、隙間も見逃さずに丁寧に掃除をすることもポイントだそうです。

最後は洗ったシャツのアイロン掛けをしてもらいました。「シャツは肩の部分からアイロンをかけるのがポイントです。次に襟の部分、前身頃、後ろ見頃と回転させながら。最後は袖とカフスにかけます。仕上げは、畳んだ方がいいのか、ハンガーにかけた方がいいのかもご要望に応じます」と小笠原さん。山のようにあったシャツも、ピシッと畳まれてコンパクトになりました。
今回の家事代行サービスは、専用洗剤や機器材を持ち込むプロの手法で行うハウスクリーニングとは異なり、自宅にある道具や洗剤を使って、日常的な家事を行ってくれるので、今後自分で家事をするときの参考になりました。いろいろな家事の方法を教えてもらえるのもポイントです。

生まれたゆとりの時間は、趣味に、外出に、仕事に

クリックで拡大 次は床掃除、隅まで拭き取ります普段見落としがちな場所も拭きます アイロン掛けもプロの技です 美しく仕上がりました 家事の時間が、自分の時間へ変身

ベアーズは「がんばる女性を応援したい」という想いから1999年に創業。日常の掃除・買い物から、食事の支度に洗い物、子どもの送り迎え、洗濯や布団干し、アイロン掛け等々、日常的な家事を行うサービス全般をお願いすることができます。これまで多くのご家庭でサービスを提供してきた企業だからこそ、「他人を自宅に入れる」ということの“不安”をよく理解し、細やかで真心込めたサービスの提供で応えてくれます。
ただ「家事代行」を提供するのではなく、「心のゆとり」を提供することがコンセプトだそう。その志はブルーモワと共通するところがたくさんありそうです。

「家事をしてもらっている間に、日ごろ時間が取れない趣味を楽しんだり、自宅へ持ち帰った仕事をしたり、時間が有効活用できるのはいいですね」と渡瀬も満足の体験となりました。ちなみに、サービス途中で外出することも可能なので、ショッピングや食事を楽しむこともできます。サービス終了時には、家事の仕上がりを確認させてもらえるのも安心です。

スタッフの小笠原さん自身も、同じ働く女性として「家に帰ってきたときの空気感が違って気持ちいい、仕事にやる気が出ます、と言ってくださるのがうれしいですね。この仕事を始めて、私自身の家も細かいところに目が届き、きれいになりました」と話してくれました。
今回の体験を通じて、家事を誰かにお願いすることへの不安が解消され、また家事の方法や、時間の使い方など新たな気付きや発見がありました。そして、何より自分自身のリフレッシュにつながりました。
ブルーモワでは、今後家事代行サービスをオリジナルにアレンジして、みなさまにより気軽にご利用いただけるよう現在検討を進めています。どうぞご期待ください。

※現在ブリリアでは、オーナー様向けのサービス「暮らしのホットライン」にて、ベアーズと提携した家事代行サポートを提供しています。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.ttas.co.jp/brillia/service/soft.html

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.