• トップページ > プロジェクトノート > Note_006「ACTUSとのコラボレーション・ストーリー(前編)」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

Note_006 ACTUSとのコラボレーション・ストーリー

Bloomoiでは、これまでの働く女性のインサイト分析や共創プロセスを踏まえ、新しい商品を共に開発するパートナーとして、インテリアショップ「ACTUS(アクタス)」とコラボレーションをいたします。 まさに今、つくり上げようとしているモノや、その裏側にあるそれぞれの想いをご紹介いたします。

暮らしを発信する「ACTUS」幅広いテイスト展開にも惹かれてアプローチ

クリックで拡大ACTUSインテリアコーディネーター稲葉さんACTUSインテリアコーディネーター川成さん昨年OPENしたACTUS青山店は、北欧の家具を中心に、アンティーク家具などが並び、様々なテイストのファブリックや雑貨を幅広く揃えるライフスタイルショップ。商品のラインナップやディスプレイも、女性らしい柔らかいテイストのものからクールでメンズライクなものまで魅力的なインテリアで溢れています。働く女性の多様なニーズに応えるために、Bloomoiのインテリアに関する商品開発は、「ぜひACTUSさんと一緒にやってみたい!」とプロジェクトメンバー全員の想いが一致。さっそくアプローチをスタートしました。

自身も働く女性であるACTUSインテリアコーディネーターの稲葉さんと川成さん。
稲葉さんは「ACTUSの商品の大半が、日本のマンションの広さに合わせて作られています。ターゲットのボリュームゾーンは30代のDINKSからプレファミリーなので、Brilliaが考えるマンションにもピッタリだと思います。なかでも流行に敏感で感度の高い方がターゲットなのは双方ともに合致していて、ぜひ一緒にやりたい!」と思ったそうです。

川成さんからは「自分が住みたい!好き!こうしたい!が実現できるプロジェクトということで、ワクワクしました」と、タッグを組むことになりました。

Bloomoiのイメージを写真と言葉で何度も伝え、共に試行錯誤しながら、少しずつカタチに

クリックで拡大何度もミーティングを重ねたメンバーこれまでの共創プロセスの中のアンケート結果でもあったように、働く女性に好まれるインテリアテイストの上位はパリ、北欧、そしてニューヨークやロンドン。これらのタイプを既存のパッケージから選ぶものではなく、「もっとBloomoiらしく工夫できないだろうか」と、稲葉さんと川成さんに相談しました。そこでイメージを伝えるために、書籍、写真集、インターネットから集めた膨大な写真やキーワードを何度も提示。意見や想いをキャッチボールしながら、一緒にカタチにしていきました。

パリからイメージするワードは、「やわらかさ」「ホワイト」。そこからシック&ロマンティックというテーマが生まれ、具体化していきました。フローリングについて川成さんは「選んだ素材はチョークド仕上げのオーク柄。チョークド仕上げとは木の表面を白く塗り、木目部分だけを白く残す方法で素朴な風合いが特徴です。空間はホワイトがベース、あとは住む方がインテリアで自分らしく色づけをしていってほしいといった想いを込めて提案させていただきました」と。住む方がもっとインテリアを楽しめる空間ができそうです。

クリックで拡大Bloomoiで実現する新しい素材のサンプルまた北欧は、「ナチュラル」「シンプル」といったイメージと、アンケートで人気があったヴィンテージの「手作り感」「メンズライク」を掛け合わせノルディック&ヴィンテージというテーマが完成。北欧インテリアのさわやかな空間の中でカラーの違う木をMIXさせたり、タイルなどの異素材をMIXさせてヴィンテージ感を表現することに。通常であれば同系色のカラーでインテリアをまとめていくので、このテイストは今まで採用したことがないアイデアでしたが、これまで見たことがないスタイルでもしっくりとくるものを目指し、時間をかけて共に考えました。

さらにニューヨークやロンドンは、「直線的」「コントラスト」というキーワードからクラシック&モダンというテーマに。焼けたレンガなどの古いものに、スチールなどの新しいものを差し込み、本棚やアートが似合う男性にも喜ばれそうなソリッドなイメージにしています。

異なるカラーテイストではあるものの、3つのカラーテイストに共通して、働く女性が家に求めるキーワードである「リラックス」「あたたかさ」を感じられるような工夫をしています。

自分らしさを生むための余白を住まいに残すBloomoiオリジナルペイントカラー

クリックで拡大オリジナルペイントカラーのサンプル住宅購入者の傾向として「新築マンション」と「中古」を同時に検討している方は実に4割!中古&リノベーションにあって新築マンションにないもの……それは、“自分たちで住まいを作りあげていく楽しさ”だと考えました。それならば壁だって、憧れの映画のワンシーンにあるような壁を自分たちでペイントするのはどうだろう?そんな発想から、ACTUSと一緒に5色のオリジナルペイントをつくりました。カラーを選び、さらに塗る場所を選び……と楽しい妄想が膨らみます。オリジナルカラーをつくることはACTUSでも初という稲葉さんは「これまで海外のインテリアでは見ましたが、ライフスタイルや家具にあわせてカラーペイントをカスタマイズできることは、世の中でもまだ始まったばかり。とても斬新な切り口!」と話してくれました。

まだまだこのほかにも、オリジナル家具などのコラボレーション・ストーリーは後編へ続きます。

1960年代からいち早く北欧を中心としたヨーロッパ家具の輸入販売を始め、40年以上にわたり、日本の生活デザインの質的向上に影響を及ぼし続けている「ACTUS」。近年、インテリア業界においても海外ブランドの市場参入と撤退が繰り返されてきたが、「ACTUS」は日本から生まれたインテリアブランドであり、今でも多くのファンに支持されている稀有な存在。現在は、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などに直営店があり、その他、全国主要都市にも35店舗のパートナーショップを展開している。
facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.