• トップページ > プロジェクトノート > Note_extra edition「働く女性が体験&検証『キッチン編』」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

Note_extra edition 働く女性が体験& 検証「キッチン編」~20分で4品、旬満載のご飯をつくる~

これまでのプロジェクトで「毎日忙しいからこそ、食事や家族のコミュニケーションを充実させたい」という働く女性たちの声を多く聞いてきました。時間がなくとも、働く女性は自分のスタイルにジャストフィットするモノを選んで毎日を充実させています。先日、料理スタイルについてアンケートをとったところ、ある4 つの性格タイプが見えてきました。今回は、性格タイプごとの違いを浮き彫りにしようと、かねてから評判の高い「簡単に、美味しく、そして短時間で」調理できるという東京ガスさん主催の「ラ・クチーナ・エスプレッサ」を体験してきました。

イタリアと日本の意外な共通点

「アルデンテの絶妙な食感は、炊きたてのお米に似ている」と聞いたことがあります。イタリアと日本には共通点があるようです。ひとつは、国土の地形。国土が南北に長く、四方を海に囲まれたイタリアは、日本と同様四季があり食材が豊富な点。食の環境が似ているせいか、アルデンテのような繊細な味覚も共通しているのかも知れません。そして、ライフスタイル。近年女性たちが仕事を持ち、共働きの家庭が増えました。日本もそうですが、女性たちは仕事に趣味に忙しい毎日の中で、料理にもスピードを求めるようになったそうです。
そんなイタリアとの共通点に着目して考案されたのが、東京ガスさんの「ラ・クチーナ・エスプレッサ」です。イタリアマダムのスピードクッキングという意味の調理法とレシピです。 この調理法の最大の特徴は「旬のものを使って、炎の力で同時調理」というところ。旬のものを使えば、素材の力があるのでシンプルな調味料でとても美味しく仕上がり、体にとって良いことは、みなさんご存じのはず。また立ち上がりの早い3つのガスコンロ+グリルの合計4口を使って、効率的に、かつ美味しい料理を作り上げることができるそうです。

いざ体験!20分で旬満載の4品ご飯をつくる

クリックで拡大 今日はこの4品を作ります! コンロとグリルをフル稼働で同時調理。 コンロとグリルをフル稼働で同時調理。 料理大好きAチーム 料理をしないBチーム 効率重視のCチーム おしゃれキッチン憧れDチーム 今回はキッチンスタジオにお邪魔して、Bloomoiプロジェクトメンバーを含めた16名で、実際に「ラ・クチーナ・エスプレッサ」を体験してみました。料理に関する性格タイプで、どんな違いがあるかを検証するために、性格タイプ別にチーム分けを行い(A:料理大好き、毎日楽しく料理をしたい B:料理はあまりしない C:パパッと効率的に時短料理をしたい D:憧れのおしゃれなキッチンで料理をしたい)段取り力や盛り付け、味などを競います。まず、東京ガスさんに「ラ・クチーナ・エスプレッサ」の5つのポイント(段取り力・素材選び(旬のもの)・コンロの火力特性を生かした同時調理・調理器具をうまく活用する・仕上げに手を抜かない)をレクチャーしてもらい、いざ調理スタート。タイマーや温度調節機能などのコンロをうまく使いこなし、スープ・パスタ・揚げ物を同時調理。グリルでは鶏肉を焼いています。中華鍋でパスタをゆでると吹きこぼれない、など慌てないコツも教えていただきました。対決の勝者はCチームの効率重視派!しかし、どのチームも20分以内で盛り付けまで4品を見事に作り上げました。普段料理をしないというBチームも素晴らしい仕上がり。

体験を終えた後、チームごとに感想を聞いてみました。

A: 料理大好き、毎日楽しく料理をしたいチーム
ガスコンロやグリルの機能性の高さに驚きました。タイマーや温度ができることで、手が空く時間も生まれ、その合間に洗い物や配膳などもできるほど余裕がありました。グリルの火力が強く、鶏肉も表面がこんがりと仕上がり、塩だけの味付けでも十分美味しかったです。調理後の手入れも取り出して丸洗いできるので簡単。さらにもう一品作れそうです。

B: 料理はあまりしないチーム
普段ほとんど料理をしないので、調理前は不安で手順をしっかりメモしました。調理中は慣れないところもありましたが、楽しく料理ができて、実際試食をしてびっくり!とても美味しくできていました。盛り付けも楽しむ余裕があって、キッチンの性能が良ければ、料理が苦手な人でも美味しくできるんだ!と驚きました。

C: パパッと効率的に時短料理をしたいチーム
コンロの機能性はもちろん、パスタをゆでた後の中華鍋を洗わず、そのままパスタの仕上げに使うところや、ブロッコリーを包丁とまな板を使って切るのではなく、手でちぎることなど、時間短縮するためのテクニックも学ぶことができました。火力は立ち上がりも早いので、時短調理を目指す方にはぴったりだと思います。料理を手早くすませて、空いた時間を趣味の時間や家族とゆっくり過ごす時間に使えますね。

D: 憧れのおしゃれなキッチンで料理をしたいチーム
実際に調理してみて、コンロやグリルの機能性のおかげで調理がとても簡単でした。五徳やグリルのデザインもシンプルで洗練されていて、見た目重視の私たちも気に入りました。毎日料理したくなるポイントは、簡単で美味しいこと。そしてゆっくりと食事を楽しむこと。家族の食事の時間を楽しみたい方には、とても喜ばれる調理スタイルだと思います。「おしゃれなキッチン=性能が良くない」というイメージが一般的ですが、デザインと機能性を兼ね備えたキッチンもあるんだ、と新たな発見がありました。

設備の機能性とイタリアマダムから学んだ調理法は、美味しいだけではなく「時間と心の余裕」を生んだようです。

あっという間に美味しい料理を作り、ゆっくりと家族の時間を楽しむ

クリックで拡大審査結果の発表された瞬間。仕事に家事に育児、そして自分の趣味やスキルアップなど、働く女性たちはバイタリティに溢れ、忙しい毎日を過ごしています。時短料理といえばお惣菜や加工品に頼るものもありますが、今回体験してわかったことは、キッチンのガスコンロやグリルの使い方をマスターすれば、短時間でも、体に嬉しい旬の食材を使い、手作りで美味しい料理が作れるということ。そして料理スタイルの性格タイプが違っても、「短時間で美味しく料理できる」ことで、新たな時間が創出できること。今回の体験で、これまでBloomoi プロジェクトでお会いしてきた働く女性たちが望むライフスタイルに触れたように思います。

あっという間に美味しい料理を作り、ゆっくりと食事をしながら家族や友人との時間や、趣味の時間を楽しむ —今後もBloomoi プロジェクトではキッチンの設備のほか、洗面室やバスルームなど、実際にメンバーが体験して良いと思ったモノをチョイスして、働く女性が幸せになる住まいをつくっていきたいと思います。

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.