• トップページ > 完成しました > Plan_018「理想のリビングダイニング」

Finished Plan

Plan_018 理想のリビングダイニング

IDEA
家族の忙しい朝に余裕を生み出す機能的な洗面化粧台

広さや方角や間取りなど住まいづくりの条件が全く無いところから、住まいづくりをしたら、どんな理想の家ができあがるだろう。そんなアイデアから始まったブルーモワメメイツによる理想のリビングダイニングづくり。10名の女性がひとつのチームになって、それぞれのライフスタイルや価値観を共有しながら、約1年間をかけて完成させました。

PLAN
2人並んで使える嬉しいレイアウト

間取りだけではなく、家具の配置やどんなふうに暮らすか、ライフスタイルのひとつひとつの動線やシーンをイメージしてつくりあげた理想のリビングダイニング。6つのブルーモワらしい提案とアンケートのリアルな声をご紹介します。

料理のときの隙間時間を有効に使えるようワークスペースをキッチンのそばに配置しました。急な来客時には扉を閉めて隠すこともできます。

  • 料理の時に、必ずレシピサイトか料理本を見ながら作っているので、キッチンにパソコンや本を置けるスペースがあるのは大変ありがたいですね。 今まではキッチンとパソコンを置いているリビングを行ったり来たりしていて大変だったので、この空間があると効率的に料理をする事ができそう! お客様が来た時に、見せたくない物をしまっておけるのも嬉しいです。
  • 開いていても閉じていてもスッキリ見せられるところが気に入りました。ライブラリー内の壁がおしゃれなので、上手く収納できれば開けている作業中も美しく見えます。フォーマルなときは閉じることも出来ます。シチュエーションに合わせて自分で部屋をコントロールできるところが良いです。
  • 料理中、煮込んでいる間とかレシピ・料理本をしまう場所にピッタリだし、目隠しもあるのが最高!! 細々したものを収納できる空間はキッチンの近くには絶対必要。
  • 家にいる時間のほとんどはキッチンにいるので、レシピを見るのも書物をするのにもとても便利だで憧れちゃいます!

診察券や領収書など家族みんなが使う“昔、家にあった電話台”のような共有スペースです。引き出し付きで収納しやすく取り出しやすい設計で家族みんなが使いやすい場所に計画しました。

  • 細々したものは部屋のあちらこちらへ散らばってしまいがちなので、一か所でまとめられるのは本当にありがたいですし、家族全員が把握できるのは大変助かります。
  • キッチンとリビングダイニングとの間に、どちらのスペースでも使うものを置けるのは便利! しかも引き出しにしまえてゴチャつきなし。
  • 家族共通の収納スペースがあれば「⚪︎⚪︎をどこにしまったっけ?」という日々の質問から開放されそう!

リビングの壁面を有効活用し、インテリアをオシャレに見せるディスプレイもでき、たくさんのアイテムの収納もできる大型収納です。

  • 細かいものや、プリント類、はがき、どうしてもテーブルにおくとごちゃつくものなどをしまいたい。買い出しに行き、ストックしたいものをパントリーのようにも使えたら魅力的です!見せる収納も素敵であこがれます。
  • 壁面を収納として有効活用出来て、且つ来客時など急な場合にもパッと片づけられるし、インテリアの面でもよく見えるのでいいなと思っています。これに机にもなる部分もプラスされるとベスト!
  • 壁面を使うことで天井近くのデッドスペース(空間)まで有効に使えることに感動した!扉つきで隠せるのが魅力的です。

家事動線もよくオープンで部屋全体を見渡せるアイランド型キッチン。立ち上がりで手元を隠すことができる設計です。

  • キッチンは生活の中ですごく大事な場所です。家族に料理を作るのも恋人につくるのも自分に労いをこめてつくるのも全て真心をこめる場所です。だからこそ、ストレスフリーな気持ちのいい環境で作りたいです。家族と話しながら料理できるキッチンは素敵だと思いました。
  • 私の家では壁に向かって黙々と料理をする日々なので、やはり周りをしっかりみれて、自然光も浴びながら料理するのはとっても気分がいいと思います。
  • 今のキッチンがリビングの全く見えない作りで使いにくいので憧れます。私以外誰も家事をしないので、家事動線がすごく重要ですね。

帰宅後すぐにバッグやアクセサリーを置くスペースとしてアンティークのチェストをリビングの入口の近くに配置しました。

  • 帰宅後すぐにモノを置いたり、ちょっとしたインテリア製品を飾ったりと、様々な使い方ができ、引き出しもついているので、メモ類や、文具など思いついたときに直ぐに書けるものなどが収納したり出来るので、汎用的使い方が出来そう。

足を伸ばして寛げたり、友人が来たときにも対応できる大型のL字ソファを配置しました。

  • L字の大きなソファーがあるとみんなが集まってきそうですよね!この大きなソファーによってゆっくりとできる憩いの場所が出来そうでいいなと思いました。
  • ずっとお客様を呼んでくつろげるようにソファーを探しています。きっと人を呼びたくなるだろうし、部屋や料理など頑張れるような気がするので、L字ソファは憧れます。

これまでのブルーモワメイツの活動内容はこちら

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.