• トップページ > lifestyleデータ > Data_007「インテリアは、シンプルだけど自分らしさを求めている」

Lifestyle Data

Data_007 インテリアは、シンプルだけど自分らしさを求めている

インテリアのテイストは何が好き?と聞かれても、明確に応えるのが難しくありませんか?
ひと昔前は◯◯風という言葉がありましたが、どうやら今は違うようです。今の女性たちは、まず“自分の好きなもの”という主軸があり、そこに“旅の思い出”や“DIY”や“癒し”など様々なキーワードが存在します。自分にとって居心地が良いか?良い気分か?という観点で、インテリアもファッションと同じように自分らしいスタイルを確立しているようです。Bloomoiでは女性たちのライフスタイル調査を実施し、進化しつづけるインサイトに寄り添う商品づくりに活かしていきます。

最も高いスコアが「家具をあまり置かない」という結果になりました。昨今の断捨離ブームやシンプル志向で、モノをたくさん持たない暮らし方が好まれているようです。また一方でBloomoiでも商品化してきた作り付けの収納スペースに対する要望は高いことから、無駄なスペースをなくして機能的に収納したいという気持ちが見てわかります。次いで「観葉植物などを置いている」「お気に入りの雑貨を飾っている」という結果に。多肉植物など室内でも育てやすくオシャレなグリーンの店頭での取扱いが増えたことや、雑貨やファッションなど衣食住を提案するライフスタイルショップが身近になったことで、以前よりも増してインテリアを気軽に楽しむ時代性も感じられます。Bloomoiではグリーンを楽しむコンサバトリーを提案しています。

上手に収納して、自分らしくインテリアをカスタマイズしたい

もし今の自宅のインテリアをチェンジするならば?という問いに対して、最も高いスコアは「収納を使いやすくしたい」です。収納に関する悩みは、働く女性のグループインタビューなどでも多く話題に登場し「収納の余裕は心のゆとり!」とまで言うほど関心が高く、メンタルともつながっているようです。次いでスコアが高いのは「キッチンをおしゃれにしたい」という意見です。炊事のしやすさの他に、カフェのようなキッチンやゆっくり料理を楽しみたいなどニーズは多様です。また「壁紙を変えてみたい」という声は、DIYブームにより、壁紙や道具も気軽に手に入れることができ、自分好みにカスタマイズするイベントを楽しむ気持ちが表れているようです。

調査:2014年12月実施 女性1116名インターネット調査(Bloomoiプロジェクト調べ)

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.