• トップページ > lifestyleデータ > Note_005「働く女性の”Life Style” マンション共用スペース編」

Lifestyle Data

Meeting_005 働く女性の”Life Style”マンション共用スペース編

VOICE

グループインタビューやアンケート、Facebookなどで集められた、 働く女性たちのマンション共用スペースについての声をご紹介します。

PROCESS

これらの声を集計し分析する中で、Bloomoiメンバーから出てきた新しい気付きや想いを通して、新商品へのアイデアが生まれてきます。

「マンションのエントランスや共用部に、あったらいいスペースは?」と聞いてみると、もっとも多い回答は、「ひとりになれる空間」でした。仕事から自宅に戻る前に気持ちをリセットしたいという声が大半。さきほどまで頭の中をグルグルしていた数字や上司の顔は一旦すべて忘れて、家族の前では穏やかな笑顔に戻りたいのです。そのために、時間がなくても自宅に戻る前にカフェに立ち寄るという人もいました。
そこでマンションの共用部について考えてみました。これまで大規模なマンションにあるようなキッズルーム、居住者の方々がコミュニティを育む空間、そして豪華で華美な家具が置かれ、見た目を重視した共用部ではなく、実際に使われるシーンを想定し、居心地を重視した、働く女性がひとりでホッとできる空間をつくりたいと考えました。
つまり、ファーストプレイスが「家」、そしてセカンドプレイスが「職場」、そしてその二つの中間にある「第三の場所=サードプレイス」です。
ONとOFFを切り換える場所、自分を取り戻す場所、そしていつでも気軽に利用できる場所をマンションの共用部につくれたらと、改めて思いました。

この声とプロセスから生まれたアイデアとプランはこちらで見られます。Plan_005 	共用スペース

これからの声やプロセスから生まれたアイデア
facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.