• トップページ > イベントレポート > Report_006「住まいに愛着を生み出すDIYを体験しよう」

Event Report

住まいに愛着を生み出すDIYを体験しよう

2016年4月23日(土)に、ブリリアオーナーズクラブ会員、ブリリアクラブ会員の方々にお集まりいただき、DIY体験ワークショップを開催しました。今回はインテリアを中心に大活躍されているスタイリスト石井佳苗さんを講師にお招きして、DIYの楽しさについて教えていただきました。*DIY:Do It Yourselfの略で、よりよい暮らしと住まいを自分たちでつくるという意味。

スツールの座面のペイントDIYを体験!「思っていたより簡単ですね」との声も

取り壊す前のマンションギャラリーの一角を利用して、DIYにチャレンジしました。まずはシンプルなスツールの座面をペイントするという簡単な方法からスタートです。マスキングテープの使い方や刷毛の使い方、2度塗りのポイントなどを石井さんから教えてもらいました。
ブルーモワのスタッフも加わり、それぞれ好きな色のペンキを選んでスツールの座面を塗りました。親子で参加された方は「DIYに興味がありましたが、失敗したらと不安でした。必要な道具も少なくこんなに簡単にできるなら、ぜひ自宅でも挑戦してみたいです」とのこと。塗りはじめは、みなさん緊張気味でしたが、そのあとはどんどん楽しくなってきたようです。
石井さんも「DIYができるようになると気持ちが楽になりますよ。少しくらい部屋を汚しても簡単に直せるようになります。住みながら、自分が暮らしやすいようにどんどん変えていくと、自分の家により愛着がわくようになります」と話してくれました。

  • DIYをコンセプトに、アート&フードディレクションユニットholidayさんによる会場デザイン。
  • 気軽で楽しくLet’s DIY!モデルルームの一角が大変身しました。
  • 講師には、雑誌やイベントで人気のインテリアスタイリスト石井佳苗さんをお迎えしました。
  • ブルーモワメンバーも参加!DIY体験に胸を躍らせます。
  • インパクトドリルなど道具の使い方やコツを教えてもらい、いざ実践!
  • 石井さんのわかりやすく楽しい解説で、小学生のお子さんもどんどん手を動かします。
  • スツールの座面の色は、好きなペイントカラーをチョイス。どれもセンスがあるカラーばかり!
  • 刷毛を使って、カラーを塗ります。刷毛の使い方、二度塗のコツなどDIYは奥が深く面白い!
  • 自分で刷毛を動かし、それが形になっていく様子はやはり楽しい。達成感も愛着も生まれます。
  • つやつやの太陽や果実みたいなオレンジ!こんなスツールが家に一脚あれば明るく映えますね。

壁一面をローラーでペイント、電動ドリルで棚を作る!わずか30分ほどで見違える空間に。

椅子の座面が乾く間に、今度は壁のペイントに挑戦です。壁や床などのペンキがついては困るところを、しっかりマスキングする方法も習いました。マスキングテープと養生シート(ポリシート)を一体化させたマスカーを利用すれば、必要なところだけをペイントすることができます。小学生のお子さんもローラーを使ってきれいに壁塗りができました。
次に電動ドリルを使って、壁に簡単な棚を設置します。「趣味はモノづくりで、壁を塗ったり棚を作ったりしたいと思っていました。電動ドリルの種類や使い方をわかりやすく説明してもらい、簡単なことが分かったので電動ドリルを早速買うことにします」という方も。ブリリアの新築マンション(※)を購入されて、今まで住まいに手を入れることをためらっていたそうですが、石井さんからコツを教えてもらったので、これからチャレンジするそうです。
「電動ドリルは家電の一種だと考えてください。私はリビングに置いていて、思いつくとすぐに棚を作ったりしています。おそうじのときに掃除機を使うように電動ドリルを使ってみてください。DIYを家事の1つだと思えば気軽にできますよ」と石井さん。
最後にマスキングテープを外し、壁の棚に小物をレイアウトしてみると、わずか30分ほどで素敵な空間が出来上がり!参加されたみなさんに、ご自身が塗ったスツールを記念に持ち帰っていただきました。
今後もみなさんに気軽に参加していただけるイベントを考えてまいります。
※ブリリアのマンションの壁は、今回のイベントのようにすべての面にベニヤ下地が入っているわけではありません。必ず下地の位置を確認した上で、作業を行ってください。

  • みなさん、好きな色をペイントする姿は真剣そのもの。ものづくりに熱中する時間は続きます。
  • 仕上がったスツールたち!ペールトーンのブルー、空色、ターコイズ、見ているだけで楽しくなります。
  • 続いては、飾り棚にチャレンジ。壁のアクセントになるオープンラックをつくります。
  • ポップなカラーが可愛いL字の脚に、木材の板を合わせます。組み合わせがおしゃれ!
  • 補強材の入った壁に、インパクトドリルでネジを打ち込みます。
  • あっという間に仕上がった棚。お気に入りの場所になりそうです。
  • 最後は、壁のペイントにチャレンジ。ローラーを使って、一気に壁を塗っていきます。
  • マスキングテープをあらかじめ貼ってイラストを描いています。仕上がりはいかに!?
  • 壁のペイントを終えたあと、マスキングテープを剥がしていきます。
  • 壁も棚も完成!自分たちでここまで出来るんだ!と体感できた貴重な時間になりました。
facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.